抜け毛対策

sample

抜け毛対策は、毛母細胞への栄養供給が重要



年齢を重ねると、なぜ髪の毛が抜けたり、細くなりコシやハリがなくなったりするのでしょうか。

誰でも年を取ればそうなるのは仕方ないと思っていましたら、50歳を過ぎたあたりから急に抜け毛が多くなり始め、気が付いたら前髪のボリュームが目立つほど減ってきました。焦って、ちょっと調べてみました。

髪はもともと頭皮の細胞が変化したもので、髪が伸びるのは、毛包の一番下の毛球部の毛母細胞が分裂・増殖を繰り返して毛髪を作っています。

皮膚が常に生まれ替わっているように、髪も自然に抜け落ちて生え変わるのだそうです。

びっくりしたのは、ヘアサイクルというものがあり、2~6年の周期で、成長期、退行期、休止期を年齢にかかわらず繰り返しているということです。

ただ、若いころは成長期の割合が多い、つまり成長期が長いということで、年齢を重ねていくと、退行期や休止期に当たる髪の数が増えて結果的に薄毛になるメカニズムだそうです。

薄毛の発症や進行には、に男性ホルモンが深く関わっています。

加齢により体内のホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増えると、毛乳頭細胞から成長を抑えるシグナルが出てきます。前頭部と頭頂部に薄毛の症状が現れる人が多いのもこれの大きな特徴です。

対策は、毛母細胞への栄養供給を欠乏させないことです。

バランスの良い食生活はもちろん、必要な栄養成分を含んだ育毛剤で直接毛根細胞へ栄養を供給することも併用すると効果的です。

女性抜け毛と男性の抜け毛の違いは男性の抜け毛に多いのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが酵素という化学反応を助ける物質によって、変化したものが脱毛を促すためです。女性でもFAGAという似た脱毛症が出ますが、男性の使うプロペシアは胎児奇形等に繋がりますので服用できません。(女性の抜け毛対策


出産してから2か月、ほとんど毎日のように100本くらいは抜けている



最近抜け毛で困っています。出産してから2か月、ほとんど毎日のように100本くらいは抜けている感じです。

これでは将来禿げるのではないかと心配しています。すぐに育毛シャンプー剤や、育毛剤を使った方が良いのか迷っています。

これまでは市販のシャンプーでも抜け毛の心配はなかったのですが、出産を機に体質が変化したのかもしれません。

また、ホルモンの関係で髪の毛が抜けるということは見聞きしたことがありますが、私の場合は母親や祖母が薄毛なので体質的な要因があるのかもしれません。

また、抜け毛だけではなく最近では頭皮の痒みまで発生して、気が付いたらポリポリと掻いてしまっているのです。

これでは頭皮が痛むどころか頭皮の環境にも悪いのではないかと心配しています。

最近保湿のために軟膏を使っていますが、痒みや抜け毛が一向に治らず、どうしてよいのか悩んでいます。

市販のシャンプーでは刺激が強すぎるのかもしれません。また、抜け毛を減らすためには様々な栄養素も必要だと聞きます。

今のままでは禿げてくる可能性が大なので、ネットのサイトを見て何か頭皮に良い抜け毛予防になるものを探してみたいと思っています。

まだ20代後半なので薄毛で悩みたくはありません。今の内にできるケア法で試したいと思います。

産後は異様に髪の毛が抜けることを経験した方は多い!あまりにも抜け毛が多くて何か病気かしらと思ったりもしますが、多くは心配いりません。妊婦中は体内でいろいろな変化が起こっていますが、女性ホルモンも普段より多く分泌されて抜けにくくなっています。妊娠中に抜けなかった髪の毛が、産後その分が抜けるのです。(産後は抜け毛が多い

 

新着情報